福岡市科学館の特別展「恐竜 DINOSAUR」に行ってきました。

福岡市科学館で、特別展が開催されていますので、行ってきました。
https://www.fukuokacity-kagakukan.jp/

3/17(土)〜5/13(日) 特別展「恐竜 DINOSAUR」開催!
https://www.fukuokacity-kagakukan.jp/sp_exhibition/2018/01/dinosaur-0317.html

恐竜展は、北九州市立いのちのたび博物館で、いい思い出があるので、ちょっと期待して行ってきました。

しかし、入って早々娘が泣きそう、、、「いつも恐竜だぞー」とか言って遊んでいるのに、いざ実物大を見ると恐怖に慄く、、、

息子は、淡々と中に入っていく、そして見えなくなる、、、探していると、娘がいなくなる、、、

一人見つけては、一人いなくなるの堂々巡り、、、

やっと二人をまとめて、今回の目玉?恐竜ロボットの餌やり体験。

30分以上並んでいるけど、餌をあげてみたいみたいというので、並んでやっと対面すると、再び娘は大泣き。

「お父さんがあげてー」

並んだ意味ない。

息子は、「食べる仕組みに、中に掃除機が組み込まれているみたい」と淡々。

会場は狭く、過度な期待は禁物です。福岡市内で、恐竜展が見られる機会は少ないので、そういう面で、基本展示と合わせて、遊びに行くのはありだと思います。

2018-03-21 14-43-46.jpg

ボルダリング大会

先日こどもたちとボルダリング大会に行ってきました。

午前中を貸し切りにしていただいて、子供達だけでボルダリングです。

子供は、基本的に登るの好きですよね。最近は、自由に登れる木が少なくなってきましたので、こういう機会はとても良かったです。

みんな時間いっぱい登ります!

最年少?私の娘は、お姉さんお兄さんに圧倒されて、ほんとど登らなっかたためか、帰りしょんぼりです。

娘は、お出かけは必ずこの赤いリュック。そして、水筒をさして、草履というスタイルがお気に入り、ボディペインティング?が好きで、自分の体のいろんなところに、絵を書いています。

最近ふと思うと、どう見てもヨレヨレのバックパッカー、、、上品に育てたつもりなのですが、、、、
2018-03-10 11-11-12.jpg

なお、会場のボルダリングはこちらです。スタッフさんがとっても子供達に親切で素晴らしいです。

ブラボークライミング福岡天神
〒810-0021 福岡県福岡市中央区 大名1-6-8 バルビゾン96
092-718-1222
http://bravoclimbing.com/

店舗の準備 その7 フロア編

もう一つの入り口の部屋は、ベビーカーで直接入れるようにしたかったので、入り口から段差をなくし、少し柔らかい床にしたいと思っていました。

そのため、こちらはクッションフロアにしました。

古いクッションフロアを引き剥がして、コンクリートむき出しにします。

ネットでサンプルを取り寄せます。
2018-03-14 14-47-38.jpg

ちょっと取りすぎました。。。余計迷ってしまいます。
サンプルはほどほどにしたほうが良いでしょう。

この中で、裏にサンゲツとかてあるものがたくさんありました。
それなら、この会社に行ったらもっとイメージが湧くのではないかと思い調べると、なんと博多にあります。

サンゲツ 福岡ショールーム
https://www.sangetsu.co.jp/showroom/fukuoka/

ここに行ったら、多数のサンプルを見られる上に、素材についてのアドバイスをたくさん教えてくれます。

そのおかげで、一つに絞れました。そして、商品が決まったら、販売店で購入してくださいとのこと。
素晴らしい対応です。はい、ネットで最安値を探します。

10cm×200cmで、200円税込が最安でした。面積を計算して発注。

後は適当に100円均一のハサミでチョキチョキ。まだ、巾木をつけていないので、壁と床の境目の処理ができていませんが、丸一日で完成です。かなり時間がかかったフローリングよりは、早かったです。

2018-03-15 16-49-44.jpg

さて、これから店舗の家具を作ります。どこまで手作りのお店なんでしょうね。。。

=読書感想文= 人は仕事で磨かれる 丹羽 宇一郎

福岡図書館

面白い本があると、その著者の他の本も読んでみたくなります。そして、その本の中で、気になる本や、気になったことの関連の本を探して行くと、読みたい本がどんどん出てきます。興味がどんどん出てきます。本の連鎖です。

この本は、先日読んだ「死ぬほど読書」が面白かったので、借りてきました。

引き続き読書の素晴らしさが書かれ、仕事によって、自己を磨いて行くことについて書かれています。

仕事についてですが、特に経営者やリーダーにおすすめです。

–この読書感想文の読み方–

本の中から、気になった言葉(文章)を引用しています。「 」の部分です。
本を純粋に楽しみたい方は、ここを読まずに本を入手されてください。
「→」は、私の感想や著者への独り言です。

いわゆる要約や、それに伴う時短を推奨するものではないです。
読んだ人によってそれぞれ心に刺さるポイントが違うと思います。
読んで見たいと思ったら、実際に読んで、斜めでも、深読みでも
何でもしていただき、再びこの文を読んでいただき、
私の着眼点との相違を楽しんでもらえれば幸いです。

そして、あなたの新しい発見や問題の解決のヒントになったら嬉しいです。

–スタート—

「私が小林社長を指名した理由は、まず1つ、人間力があるからです。これは、気力、体重、知力、そして情熱といった人間としての力が強いということです。」

「それを儒教の精神にある「仁、義、礼、智、信」に「温」という言葉を加えて表現していますが、彼はそれが極めて優れていると思います。」

「五感を研ぎ澄ますこと。触れて得られるもの。こうした五感を統合したものが常識だと私は考えます。これからも経営の根幹はまさにそこにあるでしょう。」

「ひとつの仕事を極めれば、大体の仕事のやり方というのはそう大きく間違えることないです。スペシャリストこそ優秀なゼネラリストになれるというのが、私の基本的な考え方です。」

「そもそも経営というのは、実務を行うこととは異質なものです。どうやってお金を儲けるかということより、もっと大切なポイントがある。それは、経営管理、すなわち人を動かす力や、組織を改革する力といったものです。」

「物事には売却の時期というものがあります。損が出てから売るのは簡単です。儲かってる最中に売ることが難しい。」「宝の山だと思っていたら、いつのまにかに毒饅頭に変わるんです。その前に整理をしなくてはいけない し、 それを可能にするには、新しいまんじゅうおし入れる必要があります。」

「守りだけで責めないというのは、守ったことにならないんです。守りだけやっていたら会社は潰れてしまう。攻めは攻め、守りは守りでやって行くのはビジネスの鉄則です。」

「問題が起きたら、とにかくすぐに飛行機で飛びなさい。お金がかかると顔問題ではない。人間というのはすぐ飛んで、 face to faceで解決しなくちゃいけない」

「基本は、誠実さと言行一致なんです。絶対に裏切らないこと。言ったことは必ず実行に移す。しかも早く行動する。」

「社長として目指すところは何か、と聞かれた、私はこう答えます。社員の喜び、株主が喜び、取引先にも「伊藤忠はいい会社だ」と言われることだ。みんなと感動や感激を分かち合う喜びの方がいい。」

「分からない時は半分切れ」とういうのが、私の相場観です。この後相場が上がったら「しまった、半分切っちゃった」ではなく、「まだ半分残していた」と思えばいい。それでさらに下がったら、また半分切って1/4にする。これで上がったら「1/4残していたんだからいいじゃないか」と考える。これは、リスクマネジメントとしては最低限の対応でしょう。」

「経営者は、 たとえ怪我をしても考えうる限りの軽傷で済ませる判断をしなくてはいけません。すなわち、できるだけの範囲で思い切って処理する。これが不良債権処理の鉄則です。」

「スリム化がひとつの勝敗の要になります。相手が一年で100の経費がかかるなら、自分は90で終わるようにしなければいけません。たとえそこでは10の差しか生まれなくても、10年経ったら100の違い、つまり一年分の経費の差が出てきます。もっとも、減らしすぎてその場で死んでしまったら意味がない。食べるものを食べないと今度は逆効果です。」

「私は、人のため、社会のため、国のためにならない仕事は絶対に繁栄しないと考えています。」

「マックスウェーバーは「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」のなかで宗教が資本主義における一つの支えなると著しています。」

「不自由を常と思えば不足なし」これは徳川家康の言葉です。

「クリーン、オネスト、ビューティフル」こうした論理感の骨格になるものは、武士道の精神だと私は考えています。「君子、父子、 夫婦、長幼、 朋友」 と言う五つの論理があります。これを破ると不倫になる。何も男女関係だけをとって不倫と言ったのではないのです。

「それを理論的に支えたのは論語です。その中に、特にリーダーの条件とした九つの徳目というのがあります。「温、良、恭、検、譲、寛、信、敏、恵」の九つです。」

「この九つの徳目と先にも出た五常「仁、義、礼、智、信」は、経営の根幹になる倫理を教えてくれると思います。」

→経営者として、人として、非常に重要な事かと思いましたので、著者の文体をちょっと変えて、まとめます。

温 人間的温かみ
良 人の美しさ、正直さ
恭 仁とともにある慎み深い
検 質素である事
譲 礼儀正しさ
寛 厳格であるとともにある寛容
信 信用と信頼
敏 素早い対応
恵 浪費とならぬ施し

これはもう、毎日暗唱して、空で言えるようにならないといけないですね。関係ありませんが、私の名前の譲があります。こんな意味があるとは思っていませんでした。常々、たとえ子供でも礼節をわきまえようと思って、人に接してきました。場合によっては、距離を感じる人もいるかと思いますが、昔からこうでした。名前から来るものってあるんですね。つけてくれた両親に感謝です。

「いずれ技術が行き渡り、コモディティ化するでしょう。ではどこて差をつけていくか。それはより技術を必要とするもの、より品質の高いいいもの、他では作れないものということになります。」

「相場の世界には、「森羅万象売り買いか」という言葉があります。世界で何かの事件が起こっても売りか買いか。日本の首相が交代しても売りか買いか。何かにつけて売りか買いかを考えるわけです。」

「こうした訓練は、経営のリーダーとなるものに飛んて非常に重要だったと思います。様々な情報を集めて分析し、決断を下す。」

「年齢を重ねてきたら金の匂いがしないとダメです。」

「読書というのは、ご飯を食べるとか、朝起きたら顔を洗うとか、そうした日常の生活習慣と同じ感覚にならなければ本物ではないと私は思います。」

「昔は想像力を育てる環境がありました。人々は、想像力を掻き立てて、思いを巡らすしかなかったと言ってもいいでしょう。」

「ビジネス社会で評価の軸となるものは何か。それは周りから必要とされるかどうかだと私は思っています。」

「私の解釈を言えば、神とは自分以外の全てです。全ての人が自分を見ている。そう信じて一生懸命やっていくことで、人間は強くなっていくものだと思います。」

「現場をきちんと自分の目で確認することです。自分で判断を下す人には、特にこれが必要でしょう。」

→報道について書かれたことでした。メディアが取り上げるのは、一部の出来事で、珍しいから。珍しくないことは取り上げない。つまりこれが普通と思ったら間違い。ということでした。

「リーダーととして、周りを引っ張っていくためには、思いを共有しなければなりません。そのためには自分の夢やビジョンを語り、部下がどんなことを考えているのか知っておく必要があります。コミュニケーションをとって、お互いに思いや感動を共有ずくからこそ、仕事の目標や責任が明確になり、やりがいに繋がっていくのです。」

「人は話を聞いているようで実はそれほど聞いていないんです。人の話など、そう全部覚えていられるはずもありません。だから、私はわかりやすい言葉で、何度もなんども同じことを繰り返します。」

「また同じことを言っていると思ったらしめたもの。ようやく頭にインプットされるようになっていたということです。」

「「知の衰退」がなぜ起きたか。その大きな要因の一つは、本を読まなくなったことです。今は世の中のあらゆるものがディスクローズされていて、本を読みながらいろいろ想像し考えるという習慣が極端に減ってきました。文章の行間を想像したり推測したりといった感性がないわけです。」

「トルストイなどは、読んでいるとその風景やロシアの農民の生活が頭の中で無限に広がってきます。」
→そうなんですか?言い方は悪いのですが、小説はただの娯楽と思っており、無駄な時間は使えないと思っていました。読んで見ます。

「私は、一流の人と接することは非常に大事だと思っています。一流の人に会う、一流の物を見る、触れる。買えるなら買えばいいい。経営も同じです。一流の経営者に決する。その人が書いた本を読んで感銘は受けなくても、その人が持つ人体験を生身で話してもらうと、実に感じるところがあるんです。」

「日本人以外の人と触れ合って、彼らがどんなものの考え方をしているか、どれほど一生懸命勉強しているかを知ることも大事でしょう。」

「エリートなき国は滅びると思っています。」

「エリートには、その地位に見合った責任と義務が生じます。他人のために尽くす。悪い時には矢面に立ち、良い時には後ろに下がる。謙虚さと謙譲の精神を持たなければなりません。」

「緊張を伴う仕事であればあるほど、そこから得られるものも大きいはずです。人間として一回りも二回りも成長していくことができる。」

「「Innovation remains an enigma」という私のお気に入りの言葉がありますが、私は技術革新や革命以上に「Life remains an enigma」人生は不可思議で、謎めいたものだとの思いが年とともに強まっています。」

「我々の生活が、たとえ小さいな行いでも誰も見ていないときでも、誰にも恥じない生活態度が、ひょとすると人生の全てを決するのではないかとさえ思えます。」

--まとめ--
読書がいかに大切かと言うことは、もちろん書かれていますが、それ以上に、経営者として、心構えが書かれています。非常にいい本でした。

福岡市図書館にはあります。古本もリーズナブルな価格で出ているので、中古で購入するのもありですね。

香港出張

以前は、月に2回は行って仕事して、広東語講座にも通い、そして、父の第二の故郷である香港。
私も最初に行ったのからカウントしたら、香港歴三十年。思い出深い場所です。

最近は、頻度が少なくなってしまい、日本で使うことが皆無のマイナー言語の広東語は結構忘れてしまいましたが、ちょっと間を開けて行ってみると新しい発見がいっぱいです。

まず、ストリートフォトが最高に楽しいことを発見しました。

今までは、現地で商品撮影するのに巨大な一眼レフを持って行っていましたが、今回は、ライカとレンズ一本で行ったら、香港がまったく違う街に見えました。ここはストリートフォトが楽しめる世界屈指の場所ですね。ストリートフォト遺産認定したいくらいです。

さて勝手知ったる香港。そんなところに道あった?とローカルに言われるくらいに、かなりの裏路地まで入って行きます。やっぱり人の営みが面白いです。独特な文化ですね。

危ないよと友人に言われ、確かに何か言われることもありましたが、広東語で片言話せば、へぇー日本人で話すの珍しいね。よっぽど好きなんだねと丸く収まります。

そして、香港でハイキングが楽しいことを発見しました。
ずっと香港は、コンクリートジャングルだけだと思っていましたが、ハイキング好きな友人の兄弟に連れて行ってもらったら、面白かったです。最近は、滅多に歩かないので、後半きつかったのですが、登り切った時の爽快感は忘れられません。バスでちょっと行って、これだけの自然を堪能できるとは驚きです。

でも、友人はハイキングって言っていましたが、ちょっとした登山です。
2018-03-04 14-54-22.jpg

香港は、福岡に似ていますね。以前から知っている駐在の日本人にも会いましたが、福岡出身と聞いて驚きです。

この人も自然と都会がコンパクトに同居していると言っていました。ただ、都会部分が福岡の比ではなく、強烈ですが、、、

連日美味しい中華を食べて、本当に楽しい旅行でした(いえ大半仕事)。

店舗の準備 その6 床 フローリング編

子供たちとの楽しい壁塗り大会が終わって、真っ白綺麗な壁になりました。次は、床です。

二つある大きな部屋は、赤ちゃんがハイハイしたり、靴を脱いでくつろいだり、ヨガしたりと多目的に使いたかったので、フローリングにしたいと思いました。

最初はお友達に頼もうと思っていましたが、お友達の良心価格も持ってしても、ちょっと予算オーバー。

やむを得ない、自分でやりましょう!

子供たちと、根太を組んでいきます。

入手しやすいツーバイフォーにしました。全部で、6フィートを24本です。

全部グッデイで購入したのですが、またグッデイのサービスが素晴らしい。
最初はトラックを借りて自分で運ぼうと思っていましたが、ちょうど出払っていて、配送を頼むと、500円とのこと。

これだけの量を運んで、500円?良心的です。
グッデイにはしょっちゅう足を運んでいます。おすすめです。

枠を木同士で押し合うように、きっちり組んで、あとは、真ん中を敷いていきます。

これで根太の完成です。簡単に「根太」と書いていますが、根太なんて言葉も初めて聞きましたし、「ねぶと」かと思っていました。「ねだ」と読むようです。

そんな状態の中、為せば成る精神で、気合だけで進めていきます。
2018-02-23 12-27-31.jpg

断熱材として、プチプチの緩衝材を引いて行きます。
2018-02-28 11-35-04
娘はなぜか、傘を持って、根太の上をピョンピョン飛び跳ねるだけ、、、

フローリング材もちょっと高かったので、ワンバイフォーにしようと思いましたが、なぜか、桧の方が安い。

ちょっと薄くて、反りが大きいのですが、最近「木のいのち木のこころ」という本を読んで、曲がっているからこそ、その特徴を生かして組むことによって、より強い建物ができるというのを読んで、檜にしました。

多分、この本でいう木の使い方とちょっと違うのですが、、、、詳しくは後日の読書感想文を。

曲がっている桧をパズルのように、合う木同士で合わせていきます。
なかなか合わないので、もう力任せにネジで抑えようと思いましが、妻がうまく合わせてくれました。

さすが!
2018-02-28 13-22-15.jpg
いよいよ大詰!

なんとか出来上がりました。
完成した途端に、裸足で遊び出す子供達を見て、大変でしたが、作って本当によかったと思いました。
2018-03-08 16-04-31-2.jpg

さて、もう一部屋の床を作ったら、開店です。
ここはフローリングではなく、クッションシートにして、床を張り替えようと思います。
もう一息で、完成です。

パパ!シルバニアのお家を買って、、、ごめんね。買えません。

お年頃の娘がいます。この歳になるとシルバニアのお家が欲しくなるそうです。

赤い屋根の大きなお家です。

探してみると、意外と高い。6000円くらい。
と言っても、ぱっと見のボリュームと内容からしたら、高くないと思います。

でも、買ってあげられません。ごめんね。

作ります!ホームセンターで、檜材を購入します。
総檜造りです。強度を持たせるために張り?も多くしました。

そして、人体に影響がないと言われるミルクペイントで赤い屋根にします。

材料費は5000円くらいと私の毎晩の自由時間を1週間程度。
明らかに買ったほうが楽です。

できました!
2017-11-19 12-15-43.jpg

でもいいんです。やんちゃな娘は早速屋根に立ちます。
様々なものを詰め込みます。びくともしません。

それはそうです。孫の代まで使えるように作りました。

娘以上に満足しました。楽しんでね!

でも、体力切れで、人形と家具はメルカリ。。。

いつか家具も作ってあげるからね。

息子が100円ショップで野球盤を買って欲しいという、、、でも、ごめん買えません。

うちにはゲームどころか、テレビもありません。
もともとないので、7歳の息子はテレビが欲しいと言ったことは一度もありませんし、見たいとも言いません。何か欲しいと駄々をこねたこともないです。

そんな息子が、野球盤を買って欲しいという。
100円のでいいからとお願い、と言ってきます。

なんかちょっと可哀想になってきましたが、簡単に買ったりしません。

欲しいなら作れば?と言いました。そうだね。作ればいいね!
我が子ながらなんて素直なんだろうと思います。

端材を拾ったり、ちょっと買い足したり、(明らかに百円の10倍はコストがかかっています)

そんなこんなで考え、一緒に、切ったり、穴を開けたり、どうしたら、バットが振られるかなとか言いながら、作ったのが、この野球盤。

2018-02-04 20-07-33.jpg

手作り感満載ですが、十分遊べます。
親子で、何時間も遊びました。

あとは、色を塗って完成です。

100円で購入した方が、100倍楽です。でも、良かったと私は思っています。
本人は、大人になったらどう思うのでしょうか?

いつか聞きたいですね。



福岡から考える!「3年後、自分たちの社会はこうなっているかも」会議  with 『うしろめたさの人類学』松村圭一郎さんに参加しました。

ミシマ社の三島さんは、震災を機に移住した私にとって先駆者でした。同じような方は多いのですが、私と同じく会社を経営していて、移住を試みる人は少なかったので、勇気をもらいました。(しかも同じ年)

そんな三島さんが、福岡に来て講演会をすると言うので、是非お話を聞きたいと行ってみました。

しかし、前日の夜に妻からこのイベントの情報を得て、仕事をやりくりして、当日参加申し込みするという慌ただしさの中、内容についてはあまり理解していませんでした。

つまり、松村さんの事前情報がない。

冒頭のお話を聞くと、三島さんと松村さんは大学時代の友人 。そこからの長いおつきあいの中、方や出版社を経営。方や研究者としての道を歩み、そこで本を出版するという素敵な関係。

大学に行く大きなメリットの一つ出会いの場がある(他にあるのかと思うくらい)。こんなに良い関係が続くなんていいですね。

冒頭挨拶と楽しいトークセッションの中、どうも本の内容は贈与と現在の通貨交換を中心とする経済に関するものと感じます。

そして、ここに来ていらっしゃる方のほとんどが、現在の社会が進む方向性について、違和感を感じ、3年後の未来を福岡から発信しようという意気込みの方たち。すごいところに来たと思いました。ちょうど、贈与(ギフトの気持ち)で成り立つお店を準備しているところで、しかも、コンセプトにちょっと迷いがあり、常日頃ヒントを探していたので、こんなタイムリーな場に来るとは思ってもいませんでした。

ここで、2冊の素晴らしい書籍をご紹介頂きます。

「21世紀の楕円幻想論 平川克美」
「うしろめたさの人類学 松村圭一郎」

この感想文は、後日アップします。

そして、本題。

ミシマ社はちゃぶ台という雑誌を出していて、この場で次回の号の企画会議をするというものでした。

「東京ではない場所で、本当に新しい未来の動きが始まっている」
「3年後、自分たちの社会はこうなっているかも」

というお題で、周りの人と話し合います。わたしは、自分のお店のコンセプトを話、贈与の気持ちで社会が成り立つ部分が3年後少しでも多くなっていれば言うまとめにしました。

その他、出たお話はこんな感じです。出る出る、、、
2018-02-09 20-15-42.jpg
安倍退陣?から始まり、
失われる知恵を知る保存会
教育、海外に誇れる
働き方格差
起業、移住が当たり前に
使い捨てをやめる。便利さからの脱却
依存し合える社会
人間を取り戻す
出会いの場をつくり、年代関係なく、集まる場
戦争のない社会
やりたいことをポジティブに出来る社会
地域と対等につながり合う。
もっとゆったりとした社会→あとずさり経済

みんな面白いことを考えています。そして、三島さんも言っていましたが、いま新聞を賑わしているようなAI技術に関することは一切出ません。ここに来ている方は、一般的な考えと向いている方向が違いますね。

三島さんと松村さんの福岡のイメージ。

福岡は元々アジアを向いている開かれた都市。東(東京)を見ていなかった 。
福岡は開放的と感じたと松原さんが言っていた。熊本から福岡に来た時に雰囲気が違った。
熊本では革靴が多いのだが、福岡に来たらスニーカーが多いと感じた。
そんなところからとか文化を勉強しようとなったとのこと。

東京と福岡は別の視線を持っている。

本屋さんを回っていると皆厳しいという。 株価とは乖離している。そんな市場と一般の格差が、今回の暴落か?といった話。

→多少株をかじる人間として、一次情報の大切さは身にしみます。私は問屋業もしているので、確かに同じことを感じます。私の業界だけかと思いましたが、いろいろな方とお話をして、いろいろな地域を実際に回って地道な営業活動をされているので、肌に感じるものがあるのかもしれません。

ここにいる人たちはこの一般的な方向では、違うと気付いている 。

人間は目に見えない何かで生きている 。 菌で?

→締めのお話がちょっと飛んでいるようですが、人間そのものの存在は、なんのためにあるのか。この世に生を受け、自分がなんのために生かされているのか。そう考えてしまいました。

元のお話は、保存食や菌による発酵のお話でしたが、私も、味噌、パン、手作りワイン(アルコール度数は、法定内ですよ)をやっているので、菌の不思議さと力は、十分理解できます。

以上、こんな素晴らしい場に行けたこと、そして、素晴らしい本に出会えたことに感謝します。
これこそ、何か目に見えない何かに引き寄せられたとしか思えません。

=読書感想文= ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集

先日読んだ「ユダヤ人大富豪の教え」からもうちょっとユダヤ人哲学を知りたいと思って、検索してたどり着きました。

ユダヤの教えを様々なわかりやすい逸話から紐解いてくれます。そのため、この本は、まとめを読むというより、一冊を通して逸話を読んだ方がいいと思いますので、気になった文を抜粋しました。

私は、特に決まった宗派もなく、今後どこかに入るとは思えませんが、これを読むとさらにユダヤ教に興味が出ます。実際旧約聖書を購入してしまいました。何かの宗教と食わず嫌いせず、読んでみることをお勧めします。

何しろ欧米文化を知るにあたって、キリスト教を中心とする宗教の歴史を知ることは避けて通れないと思います。

グローバルに仕事をしたい人、今までの常識とは違うものを得たい人、自分を客観的に見直したい人にお勧めです。

–この読書感想文の読み方–

本の中から、気になった言葉(文章)を引用しています。「 」の部分です。
本を純粋に楽しみたい方は、ここを読まずに本を入手されてください。
「→」は、私の感想や著者への独り言です。

いわゆる要約や、それに伴う時短を推奨するものではないです。
読んだ人によってそれぞれ心に刺さるポイントが違うと思います。
読んで見たいと思ったら、実際に読んで、斜めでも、深読みでも
何でもしていただき、再びこの文を読んでいただき、
私の着眼点との相違を楽しんでもらえれば幸いです。

そして、あなたの新しい発見や問題の解決のヒントになったら嬉しいです。

–スタート–

「ユダヤ人は、楽あれば苦ありと考える。今の苦を我慢するのではなく、楽に変えていく努力をしなくてはならない。」

「陽のあるうちに闇夜の打開策を準備しなかった人は永久に闇の中に葬り去られる。」

→苦境に耐えていれば、いつか報われる。生きているうちに報われなかったら、極楽浄土があるという日本の感覚とは逆ですね。

「同じ目的地に行く道があったら、決して近道をしようとしてはいけない。時間がかかっても安全な大きな道を行きなさい。」

→狭い門より入れ。滅びに至る門は広く、その道は広々とし、、、これは有名ですが、新約ですよね。解釈によっては一緒ですが、表現が随分違いますね。新訳の方は、苦難な道を選びなさいといった感じですか、こちらは、リスクの少ない道を行きなさい。ハイリスクな近道をしてはいけないと書いてある感じがしました。

「あなたの頭の中に怒りが込み上げてきても、それをその場で爆発させてはいけない。一晩お待ちなさい。」

→一晩ですか、、、確かにそんなに抑えたら、怒りも収まりますね。。。

「5つの心構え
1. 適正 身の丈にあった報酬、生活を
2. 自己規制 日々勉強を重ねよ
3. 自己抑制 誘惑に負けないよう自分を抑えよ
4. 自己管理 しっかり自分を管理せよ
5. 正直 嘘をつかず、正直に生きよ」

「Eat poorly, Think richly」

→当たり前のことを当たり前にですね。こういうことは、すぐ欲望に負け、おろそかになってしまうのですよね。毎朝朝礼で読み上げて、無意識下まで落とし込まないといけないですね。

「何にでもまずノーと言え。その後イエスに変更できる。先にイエスと言ったら、ノート言えない。ノーというときは、becauseとセットで言う。」

→すごい発想。。。これがいいと言われても真似できないし、しないと思うが、このくらいの力が必要なのかな。

「リスクコントロールとは、リスクと成果が均衡する点を探すことであるが、最小のリスクの最小成果を選ぶ。少しの成果を得られれば、再チャレンジの機会が巡ってくる。」

「リスクコントロールとリスク分散」

「リスクを大中小に分けて考える。どれが一番リスクが少ないから、そして最小限でも何らかの成果が得られるだろうかと考える。」

→この3つは、投資、事業、様々なことに応用できる気がする。すごい身近な人に多大なリスクを負って、大損したり、その上儲かるときでも利食いが早く、ちょっとしか儲けない人がいる(父)。しかし、彼のすごいところは、いくつになっても勉強して、自分の考えを柔軟に修正するところ。70歳過ぎて最近この投資方法をしている。私はこの本を読んで、40代からこの方法を取ろうと思いました。

「サービスを無料にしていかに稼ぐか。なんでも疑問を持ち、考え続ける。」

→最近、ほとんどのサービスを無料にしたお店を開こうと思っています。これは課題ですね。考え続けます。最近、思考を続けています。習慣化できてきた気がします。この本がオススメです。考え方のコツ 松浦弥太郎

「神ならこの物事をどう見るだろうと考える。神とは別次元ということ。」

→客観的視点、物事を俯瞰するというより、神目線とは。最近、この本を読んで、歯医者さんの苦痛を少し和らげる方法を思いつきました。自分が治療台に乗っているというイメージを強くすることです。天井から、あっ自分が治療されているって。ちょっと気分が良くなります。この神目線の俯瞰とは関係ありませんが。。。

「形のないものに目を向ける。知的価値は、物的価値にまさる。」

→分かってはいるのですが、なかなか形ないものにお金を払うのは難しいですよね。でも、意識していきたいと思います。

ーーまとめーー
ユダヤ人が子供の頃から教えられる逸話については、あまり書きませんでしたが、このような話を物心がつく前から教えられるユダヤ人と一緒にビシネスをする場合は、とても勉強になりそうですが、間違っても敵には回したくないですね。

特に物事を客観的に見る。徹底的に俯瞰する。本質を見極める。これらをちょっとした外部の目線ではなく、上空遥か彼方の神目線で見るという感覚を持っているというのはすごいですね。

普通に日本人として、生活をしていたら、全く思いつかない新鮮な思考がたくさんで参考になりました。
そして、旧約聖書に対する興味がとても出ました。もっとたくさんの関連書籍を読んでみたいと思います。
(旧約聖書に関しては、後日数冊読んだものがありますので、また書きたいと思います。)

そんな入り口として、オススメの本です。福岡市図書館にはありました。予約数もほとんどありません。