年内最後の休日

ある方のご厚意で、長らく借りていたバイクを返却することになり、最後にどこか行きたいと思いました。

福岡のツーリングといえば、糸島か、志賀島。糸島は車でいったことがあるので、志賀島に行く事にしました。

美しい海の中道(でも短い)を通って、丁度、お昼になったので、定番コースと思われる、中西食堂のサザエ丼を食べました。

2017-12-29 11-53-38

東京で、サザエ丼といえば、江ノ島。中学生の頃から、サイクリングで食べているものです。しかし、全く違いますね。もっと華やかで、味も良い意味で、九州らしい、優しい甘い感じの醤油が効いた丼でした。麺つゆや普通の醤油は、甘すぎると思いますが、丼はいいですね。

さらに、良いのは店員さん。わさびや紅しょうが入れたらいいですよとか、ヘルメットを持っていたからか、寒かったでしょうとか、温まってくださいと言ってくれます。江ノ島では聞いたことないですね。

ふらっと一周まわります。適度なアップダウンとカーブで、ライディングを楽しんだら、もう一周です。ちょうどいいですね。

志賀島といえば、ホットドッグです。というか福岡といったらホットドックです。いつも食べたいと思っていたましたが、ついに食べます。

2017-12-29 12-47-50

ママドックというお店にしました。トレーラーハウスの店内に入ると、やさしそうなママ?本当にママが出てきます。ここでも寒かったでしょう。温まってねと温かいお茶を出してくれます。なんて、温かい。

お茶を飲みながら、定番のママドックを食べます。

ここは窓越しに海が見えて、なぜか懐メロをギターで弾き語りしてくれるお店の人を楽しむことができます。何時間でもいられそうなお店です。極め付けは、帰るとき、歌っている最中なのに、歌をやめて、「気をつけてー」とそのマイクで叫んでくれる。なんて暖かい。

2017-12-29 12-15-10

しかし、あまり遅くなれないので、帰ります。あとは、返却です。

一年半ほどお借りしても、ほとんど乗れなかっあのですが、たまに乗るこの鉄の馬は、自由に飛び回ることができる自由の乗り物でした。

たぶん、昔の一人乗りの飛行機に似ていると思います。飛べない豚はただの豚のあれです。

両手両足、体全部を使い、エンジンの鼓動を感じ、全神経を使って、周りの敵機(ただ普通に走っている周りの車)を把握、想像力を働かせます。

この車は動きが変だ、急に車線変更するかもしれない。近づかない。なんか眠そうなトラックが走っている。追突されるかもしれないから、前には止まらないで、信号で抜けて前に出よう。

対向車が車線を超えて、はみ出して来ても、避けることのできる余地が取れるか。とか
予測や即時判断して操作して行く。たまに訪れる雲の上で(ただ、周りに車がいなくなるとき)、少し力を抜いて、機体に体を預け、ゆったりと走る。

体全身を使い、使わないと鈍る判断力と想像力を研ぎ澄ます。こういう訓練にバイクはぴったりです。

もちろん車より危険なのは百も承知。承知の上で、リスクを最小限に近づける最善の運転をします。法を完全に守ればいいというものでもないと思います。危険な車がいると思えば、信号待ちですり抜けて、スタートダッシュで車群を引き離す必要もあると思います。

ここまでしても絶対はないので、乗るときはきちんとした服装で乗るというのが、自分の基本です。

最近ハマっている宇宙飛行士若田さんが、宇宙飛行士はその資質維持のためにT-38ジェット練習機を操縦して、日常的に訓練すると書いてありました。そんな感覚かもしれません。

もちろん、目的地での楽しみもあります。そんなバイクは本当に楽しい。10代のスピード狂だけで終わらず、この歳で本当の楽しみを知ってバイクを降りることができて良かった。

長期に渡り貸してくれた方に、感謝!

また、いつか乗ることができる日まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です